ページ内目次

東洋医学について
診療内容
初診の流れ
院長の紹介

東洋医学について

Q. どんな病気に効果があるの?
A. 東洋医学は様々な疾患に効果がありますが、現在の日本ではそのことは残念ながらあまり知られていません。
例えば、喘息、花粉症、アトピー性皮膚炎などアレルギー疾患をはじめ、生理痛、つわり、逆子、乳腺炎などの産婦人科疾患などにも非常に高い効果があることをご存知でしょうか?その他、鼻出血、めまい、耳鳴りなどの耳鼻科疾患、腰痛、肩こり、寝違え、膝関節症や関節の痛みなどの整形外科疾患、それに感染症や炎症性の疾患にも、意外かもしれませんが良く効きます。関節リウマチ、潰瘍性大腸炎、膠原病、線維筋痛症、その他の難病にも効果を上げています。また、様々な重大な病気の原因となる疲労、そして、不眠や便秘、頭痛などにも効果があります。癌性疼痛もコントロール、抗がん剤の副作用の軽減、腫瘍マーカーを低下させたり腫瘍を小さくするなどの効果を認めており、癌の方にもお勧めいたします。

Q. 東・西両医学の違いとは何でしょうか?
A. 一番の違いは、東洋医学では目に見えない「気」や「陰陽」のバランスを体の状態から判断し、バランスを整えることで治療するという点です。ですから、西洋医学の検査で形のある異常がみつからない、あるいは、病名がはっきりしなくて治療方針が立たない場合でも、東洋医学の場合は診療と同時に証(東洋医学的診断)と治療方針が決まります。
西洋医学の必要な場合でも、東洋医学を併用すれば、副作用の軽減や、治療を促進し副作用が気になる薬を減薬しやすくなる、などのメリットがあります。
また、心が体に与える影響、生活習慣が体に与える影響を大変重視している点、そして、それらを基にした予防を重視している点も大きな特徴です。
東洋的な哲学がベースとなっており、約2500年前には完成され、今日までの長い歴史と膨大な数の症例によって裏付けされている点も、他にない特徴といえます。
詳しくはPHP「鍼1本で病気がよくなる」をご参照ください。

院長 村井 和

 

診療内容
受診方法 : 予約制  ※東洋医学の初診の方のみ
診療時間 :

※14時~16時は留守のことがあります。必ず予約、またはお電話での確認をお願いいたします。

※初診は必ずお電話でご予約ください。

休診日 : 火曜・土曜・日曜・祝祭日
所在地 : 〒640-8324 和歌山市吹屋町4丁目12-2
お問い合わせ・ご予約 : お問い合わせよりご予約ください。
お電話・FAXによるお問い合わせ:073-422-3678
URL : http://www.kazuclinic.jp
電話・FAX : 073-422-3678

 

初診の流れ

(初めて来院される方へ)
初診時は、心身の状態を正確に把握し、病気の根本原因を探るため、入念な問診を行います。そのため、初診は通常1~2時間程度要します。
また、原因となる生活習慣病の指導など、東洋医学に基づいた養生アドバイスも行っています。養生は、スムーズに開放に向かわせ、病気の進展や再発を予防するためにも大変重要です。

<初診の注意点> 正確な診断のために
・来院される日は、コーヒー、飴などの舌に色がつく飲食は避けてください。
・湿布、カイロなども早めに外しておいてください。
・問診表にご記入いただきますので、普段お使いのメガネ、薬または薬のリストをご持参ください。

問診事項に記入 : 現在服用中のお薬、サプリメントについてもお書きください。
問診 : 問診事項に記入された内容をもとに、患者様からもお伺いします。
診察 : 患者様の現在の身体を診察いたします。
治療方針 : 患者様に治療方針、病状を説明いたします。
養生指導 : 患者様に最も適した養生指導をいたします。

 

 

院長紹介
昭和44年 : 和歌山県生まれ
昭和63年 : 智辯学園和歌山中高等学校卒業
平成2年 : 岐阜県立岐阜薬科大学中退
平成9年 : 神戸大学医学部医学科卒業
同大学附属病院勤務
平成10年 : 兵庫県立尼崎病院内科勤務
平成11年 : 同病院東洋医学科、消化器科勤務
平成15年 : 和歌山生協病院内科勤務
内科診療に鍼灸を取り入れる
平成23年 : 和クリニック開院
日本内科学会認定内科医
一般社団法人北辰会理事講師
趣味 : 乗馬、読書

 

初診の予約等お気軽にお問い合わせください。
tel.073-422-3678
受付時間 9:00~11:00 16:00~18:00 [休診日を除く]